飲食店個人経営|立地が非常に悪いです!どうしたらいいですか?

飲食店が繁盛するのは、立地が全てという声もありますが、私はそうではないと思っております。その証拠に、静岡県内でも浜松、静岡、富士、熱海、三島等の新幹線が止まる主要駅周辺でも店は安定しないところが多い。

店舗が入っては撤退しているのを何度も繰り返いしている土地もたくさんあると思いませんか?駅から徒歩3分、5分7分という立地的には悪くないと思えない場所でも人の出入りが悪い。

このようなケースがあるということは、むしろ非常に立地が悪いという場所にもチャンスがあるということになります。

個人経営と立地が非常に悪いメリット

飲食店個人経営立地が非常に悪いですどう したらいいですか?

フランチャイズのような展開の場合は、集客を考慮して立地もかなり慎重に考えられるケースが多いようです。
しかし、個人経営の場合は、自分が開業したいと思った場所でスタートすることが可能です。
他の場所でも可能かもしれないが、今の開業資金ではこれ以上多くの家賃や賃料を支払うことは難しいという声もあります。
2代目等の引継ぎをされた時には、その状況に合った戦略を立てる必要があります。

オーナーが自分で何もかもをやらなければいけない時、実際にお客さんへのサービスを実践しながら、他のことも同時に行って集客を成功させるのはかなり大変です。

何か目につくようなサービスを考えることぐらいで精いっぱいで、売上等を管理しながら、メニューや商品を考えることも大切。

では、この状況でどんなサービスを利用することで今の状況を打破できるのでしょうか?

飲食店個人経営だからこそできること

最近は立地の良い物件でもそうではない場所でも人の目につく対象はあります。それが、web上のサービスです。
facebook,twitte,instagram等のsns。
youtube等の動画配信サービス。
ブログ記事などの個人投稿。
これらは一般的に口コミと呼ばれる対象ですが、今の自分たちの力でもできることはいろいろあるのです。
チラシも格安で簡単にリピーターを作り出す戦略があります。
これらはあくまでお客さんのきっかけ作りと考えてもらうことが重要です。
知っていることと知らないことをどのように埋め合わせをすると、宣伝になるのか?
この点をそれぞれのパーツで組み合わせていく事で、お客さんは行きたいと思うような流れが出来ていくのです。

名前にもインパクトがない!
メニューも少ないしありきたりのものしかない!

お客さんが立ち寄りにくいと思う理由なら、次から次に思いつくのに、呼び込もうと思うとアイデアが浮かびにくいなんてことはありませんか?

それはあくまで内装とかデザインとか料理の見た目の存在が成功だと思っているからではないでしょうか?

正直、コーヒー一杯のこだわりだけで、1杯が1000円以上の高い料金でも利用したいと思ってくれるターゲットはたくさんいるのです。

別に雰囲気が良いだけではリピーターにはならないことも多いです。具体的な例では、感じの悪い接客やサービス提供があったらもうその店に行きたくないという悪い印象が先になってしまうのも現実です。

いくら高いメニューを提供していても、その分の価値があったと思ってくれたら、その価格が悪くないと言ってくれる方はたくさんいらっしゃるのです。

誰にどんな印象を与えることが大切なのか?

これが次にもお客さん自身からまた来ますねと言ってもらえるようになる集客ノウハウの仕組みともいえるのではないでしょうか?

近年は来る客に対しての最初の印象で次の来店を控えようとする動きも高まっているような気がします。お客さんを選ぶという感覚がターゲット設定につながっていく。

これも1つのやるべきことだと思っていただけたら、考えることがもっと広が艇くのではないでしょうか?

弊社でのコンサルティングをご希望の際は、土日祝日を問わずいつでもお気軽にご連絡ください。

関連記事

  1. 飲食店集客イベント企画会社静岡県

    飲食店集客はイベント企画?静岡県に多い誤解や注意点

  2. 飲食店集客課題がしんどい相談

    飲食店集客課題がしんどい時はどうすればいい?

  3. 静岡のカフェ|赤字経営を抜け出す2つの方法

  4. 静岡飲食店ホームページ集客方法無料相談

    静岡県内飲食店ホームページ集客方法無料相談受付中!

  5. 駅から遠い飲食店静岡市の集客課題

    静岡市内で駅から遠い飲食店集客もやり方次第で繁盛!

  6. お客さんが来ないカフェ,喫茶店の相談静岡

    静岡でカフェにお客さんが来ないならご相談下さい

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。