ロードサイド店舗集客静岡ならお任せ下さい。

ロードサイド物件とは、主要道路からの車やオートバイ(原付)などを主な利用客のターゲットとしている物件の事。

飲食店をオープンさせる立地の中で、静岡県内では、車での移動が一般的と考えられていることもあり、多くの主要幹線道路で飲食店が立ち並ぶ。

最初の頃は数も少なかった土地でも、賃料が下がった,分譲開発が進んだなどの状況の変化によって徐々に店が増えているケースもあります。

中には、駐車場サービスも数台可能なビルなどのテナントで賃料を払いならがスタートをすることも可能です。

しかし、車の通りがあれば、簡単に集客ができるのでしょうか?

飲食店に限らず、共通する内容をご紹介していきます。

静岡でロードサイド店舗集客にお困りの方へ

ロードサイド店舗集客方法静岡

ロードサイドという立地は、正直同条件とは言えません。
角地、駐車場の台数、周辺のサービスや店の環境等によって、同じ通り沿い出会ったとしても利用客が定着しないケースもあります。
ビルのテナントで考えてもやはり考え方はいろいろあります。
車を運転しながら見ている時、手前から認識しやすいのは、2階、3階などの高さの高い位置に出店する店舗。
もちろん、看板などを設置している場合は目立ちますが、個人経営のオーナーの場合、そこまでの費用をかけないケースもございます。
そうした場合は、あくまで出店した後にもビルの中の一角で、通り過ぎてしまう可能性があります。

他にも周辺の事務所や株式会社の中でも大きな工場などがある場合も徒歩で行ける野かどうかも重要な課題。

  • 安いけど道を渡るのにかなり距離がある
  • 駅から5分という場所で周辺の駐車場料金が高い
  • 面積として一人の時しか行けない

このように、提供するサービスや事業の内容を選ぶのも特徴。

あくまで安い価格で数を呼ぶことに専念する場合は、ある程度の広い土地と駐車場の台数などの条件が必要になります。

並びに同じような店舗があったとしても高い安いだけで比較されやすいエリアなのかどうかもしっかり地域の特性をリサーチしておくことが重要。

ロードサイト店舗集客静岡へのご提案

ではどのようにしたら、人通りの多い場所で勝ち残ることが出来るのでしょうか?
この答えとして重要なのは、数ヶ月間における来客者の集計データが非常に重要になります。
具体的には、車のサイズや1回の利用者の数,客単価などをきちんとデータでまとめます。
その現状における経費の割合を計算。
そして、その金額の中で、まずは6ヶ月間できちんと一定のサービスを継続することが重要。
一過性ですぐに辞めてしまうと人の流れが一気に変わってしまいます。
表示されていることに慣れていく時間もネット集客には大きな課題と言えます。
取り組む前の段階で何をどのように出すべきなのかを計画した上で、実践することが大切です。
こうしたWebマーケティングについては、お気軽にWebconsulにご相談下さい。

関連記事

  1. 飲食店集客イベント企画会社静岡県

    飲食店集客はイベント企画?静岡県に多い誤解や注意点

  2. 駅から遠い飲食店静岡市の集客課題

    静岡市内で駅から遠い飲食店集客もやり方次第で繁盛!

  3. 静岡のカフェ|赤字経営を抜け出す2つの方法

  4. 飲食店個人経営立地が非常に悪いですどうしたらいいの?

    飲食店個人経営|立地が非常に悪いです!どうしたらいいですか?…

  5. 静岡飲食店ホームページ集客方法無料相談

    静岡県内飲食店ホームページ集客方法無料相談受付中!

  6. 飲食店集客課題がしんどい相談

    飲食店集客課題がしんどい時はどうすればいい?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。