整骨院冬の集客術|静岡県内に多い悩みと解消法

整骨院で患者さんの集め方に戸惑いを持つ方も大変多い時代です。静岡県内でも西部中部東部それぞれのエリアで開業をされている方が数多く存在する市場。

 

 

 

 

 

 

整骨院集客と関連記事まとめ

 

 

 

整骨院集客冬のポイント

整骨院冬の集客術

冬の寒い時期にどうすれば人は移動して施術を受けてくれるのかな?

新規の患者さんの多くが冬にも整骨院に関連する悩みを抱えているはずです。

しかし、外的要因による影響は大きいですよね。

悩みよりも優先される課題

施術時間や料金を問わない。そんなことよりもやっぱり施術を受けるまでに足を運ぶ必要があるのが難点。こんな声が高齢者を中心に聞こえてくるのが冬というシーズンの課題になる。

こればかりは、個人で対策をするしかないのか?もしこの寒さが来ない理由になっているならどうすればいいのか?

仕組み化するためのポイント

  • チラシを出す
  • ブログを書く
  • やっていることをSNSで公開する
  • 来店された方にメール等を送る

少しずつでも自分たちでやっていけることはまずやってみるという意識はとても大切です。しかし、そのまま患者様も反応してくれるなら、成功しかないはずです。

その反応が乏しいもしくはやっていても上手くいかないという失敗を感じた時には、何を見直す必要があるのでしょうか?

この時に見直すべき課題よりも重要なのは、優先順位なのです。

今のタイミングで実際に何をやっておくべきなのか?この答えがきちんと説明できない状態の会社が増えているのです。

インターネットという大きな市場にさまざまなツールが増えた時代です。確かに多くの人がサイト等を見ているのは現実です。でもその中にいろいろな説明が掲載されていると人は興味を持つでしょうか?

ある意味、見ているだけで疲れてしまっている状況もあるのではないでしょうか?

 

整骨院冬の集客と患者のニーズ

ある意味、整骨院でも整体でもある意味同じ課題を抱えています。

それは、広告を出すべき対象の選び方が分からないという課題です。保険適用の治療と自費治療のどちらを優先したいのかというターゲット設定。

看板の内容と地域の属性の相性も大切です。どんなフレーズや情報に目を向けるのか?たったこれだけのことでも工夫をすると相手は寒い中でも行動(来院)をしたいと思ってもらえるのです。

その仕組み化する流れを掴むことが非常に重要です。

  • 痛み
  • 不眠
  • その他の症状

このような悩みを抱えている方の行動はどのようになっているのか?これが必ず知っておくべき課題と言えるのではないでしょうか?

  • seo対策をするべきキーワード
  • 先生の考え方や実績
  • 具体的な症状に対する具体的な説明

それぞれの投稿をどのように配布するべきか?この答えを連動させることができる会社は繁盛していくのです。

最近は、ただ単にSNSにアップをすれば何でも反応が出せるはずとお金を出しているケースも目立ちます。しかし、それは専門の分野で施術を行っている側の情報を本当に知っているのでしょうか?

ただ単に知らないことを伝えられてそのまま行っていませんか?

弊社ではこのような流れがないようにしています。

集客には、新規とリピーター関連では違いがあります。どこが違うのか?この答えをきちんと説明をさせていただくからこそ、マーケティングコンサルタントとしての意味と価値があります。

 

 

整骨院集客と関連記事まとめ

2020年に向けて新規開業などのライバルが増えていても関係ないと言えるようになる運営には何が必要なのか?

この答えとして、弊社がよく伝える内容を以下の内容でもご紹介しています。

整骨院開業集客術|webマーケティング静岡戦略無料講座

整骨院新患集客静岡に多い誤解や注意点

全国の業種も職種も問いませんと弊社ではよく伝えるのです。

集客は難しいのではありません。流れを知らないからこそ、目の前に新しい情報を書く人がいると読んでしまう。

しかし、その先に本来気付くべきポイントは非常にシンプルな仕組みなのです。

もし静岡県内での集客方法を改善したいと思われているなら、まずは伝える流れだけでも意識してみてください。

同じことをしているのに、非常に効果が分かりやすい形になったと思っていただけると思います。

関連記事

  1. 整骨院開業コンサル

    整骨院開業コンサル活用法|hp制作,seo対策はいつから準備…

  2. 整骨院開業集客

    整骨院開業集客術|webマーケティング静岡戦略無料講座

  3. 整骨院新患集客

    整骨院新患集客静岡に多い誤解や注意点

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。